fc2ブログ

樟乃坂 Kusunosaka

 毎日ふと疑問に感じること等を、気ままに書き垂れ中!  ほぼ毎日更新! コメント欄にご自身のブログURLを入れると、禁止ワードにひっかかります。ごめんなさい。

Top Page › 想い出 Reading › 「無能才女は悪女になりたい」
2024-02-26 (Mon) 10:00

「無能才女は悪女になりたい」

 作者:一分咲
 巻数:既刊 3巻
 購入した時期:2023年2月
 きっかけ:コミカライズが面白かったので。

感想 2巻までの感想です。
 完全に無自覚タイプのお話です。
 で、周りもいい人ばっかりで……という感じで、事件も起こりますが安心して読んでいけます。
☆無能才女は悪女になりたい~義妹の身代わりで嫁いだ令嬢、公爵様の溺愛に気づかない

Amazonより
 「これは契約結婚だ」「はい、ありがとうございます!」「……は?」
 類まれな能力を持ちながら、家族に“無能”と虐げられて育った令嬢・エイヴリル。素行の悪い義妹の身代わりに『好色家の老いぼれ公爵様』のもとへ嫁ぐことになるが、実際の公爵・ディランは、噂とは真逆の美しい青年だった。彼が望む「悪女を妻に迎え、三年後に離縁する契約」は、エイヴリルにとって未来の自由を意味する絶好の条件。張り切って“悪女”を演じる不思議な“才女”に、周囲は困惑しつつも次第に惹かれていく――
 続刊については「続きを読む」にて。

 蔵書録: 目次
 あ行の作家さん


Amazonより 2巻
 公爵様の溺愛に応えるため、引き続き悪女としてがんばります?? 無事にディランの溺愛に気がつき、王都での暮らしを満喫していたエイヴリル。そこへ王太子・ローレンスが訪れ、ディランとともにある仮面舞踏会に出席するよう依頼される。ダンスの猛特訓をして臨んだ舞踏会。不測のピンチもエイヴリルの特技で切り抜け任務は完了するが、新たな問題が浮上した。その解決のため、二人はディランの故郷・ランチェスター公爵領へ。『好色家の老いぼれ公爵様』の二つ名をもつディランの父やその愛人たちともうまく付き合おうと意気込むエイヴリルだったが、到着早々、新入りのメイドに間違われてしまい――?


Amazonより 2024年3月追加 3巻
 豪華客船で潜入捜査!? いいえ、これは一晩だけの新婚旅行です! ランチェスター領での滞在が長引いているエイヴリルたち。領内の港町を訪れた際、停泊中の客船・ヴィクトリア号に、麻薬騒動で手配中のテレーザが乗っている可能性が高いと知ったエイヴリルは、ディランに潜入調査を提案する。ウェルカムパーティーに、ディランの甘いエスコート。初めての船旅に大興奮のエイヴリルだが、ふとしたきっかけで、船内に潜む犯罪組織に捕まってしまい……?

最終更新日 : 2024-03-17

Comment







管理者にだけ表示を許可