fc2ブログ

樟乃坂 Kusunosaka

 毎日ふと疑問に感じること等を、気ままに書き垂れ中!  ほぼ毎日更新! コメント欄にご自身のブログURLを入れると、禁止ワードにひっかかります。ごめんなさい。

Top Page › 想い出 Reading › 「愛さないといわれましても」
2023-11-28 (Tue) 10:00

「愛さないといわれましても」

 作者:豆田麦
 巻数:既刊 3巻
 購入した時期:2023年11月
 きっかけ:コミカライズが面白かったので。

感想
 3巻まで読了しての感想です。
 面白かったです。コミカライズの方がすごくお上手なんだなって思いましたし、原作も好きです。
 前世魔王のアビゲイルの心の成長とか面白いところとか、周囲の人の優しさとか、そういうのがすっごく好きです。早く続刊出ないかなー。
 そして、動きとして出てくるコミカライズの方もどんどん進んで行って欲しいと思います。
☆愛さないといわれましても~元魔王の伯爵令嬢は生真面目軍人に餌付けをされて幸せになる

Amazonより
 ――君を愛することはないだろう。政略結婚の初夜。夫から突然『愛さない宣言』をされてしまい、焦るアビゲイル。それって……ごはんはいただけないということですか!?
 続刊については「続きを読む」にて。

 蔵書録: 目次
 ま行の作家さん


Amazonより 2巻
 愛さない宣言から始まった前世魔王令嬢アビゲイルと生真面目軍人ジェラルドの政略結婚は、アビゲイルについての誤解が解けたことで無事、幸せな結婚生活へと変わった。毎日おいしいものをたくさん食べ、ジェラルドにも使用人にも愛され充実した日々を過ごすアビゲイル。しかしある日、国からの要請でアビゲイルが虐げられていた実家…ロングハースト領の視察に同行しなければならなくなってしまう。アビゲイルを溺愛するジェラルドの心中は穏やかではなく――?

Amazonより 3巻
 新婚旅行を経て、さらに仲を深めたアビゲイルとジェラルド。ロングハーストの問題も一段落して、やっと平穏な日々が訪れる…かと思いきや、ジェラルドに付きまとう女性の登場で波乱の予感! しかもその女性は、魔王時代のアビゲイルを知る人間かもしれなくて――?魔王の正体に迫る…!

最終更新日 : 2023-11-28

Comment







管理者にだけ表示を許可