fc2ブログ

樟乃坂 Kusunosaka

 毎日ふと疑問に感じること等を、気ままに書き垂れ中!  ほぼ毎日更新! コメント欄にご自身のブログURLを入れると、禁止ワードにひっかかります。ごめんなさい。

Top Page › 想い出 Reading › 「悪役令嬢と悪役令息が、出逢って恋に落ちたなら」
2023-06-24 (Sat) 10:00

「悪役令嬢と悪役令息が、出逢って恋に落ちたなら」

 作者:榛名丼
 巻数:既刊 3巻
 購入した時期:2023年6月
 きっかけ:コミカライズの続きが気になったので。

★悪役令嬢と悪役令息が出逢って恋に落ちたなら~名無しの精霊と契約して追い出された令嬢は、今日も令息と競い合っているようです

Amazonより  名門貴族の出身でありながら、“名無し"と呼ばれる最弱精霊と契約してしまった落ちこぼれ令嬢ブリジットは、その日第三王子ジョセフから婚約破棄を言い渡された。彼の言いつけでそれまで高慢な令嬢を演じていたブリジットに同情する人物は、誰もおらず……そんなとき、同じ魔法学院に通う公爵令息ユーリが彼女に声をかける。 「第三王子の婚約者は、手のつけられない馬鹿娘だと聞いていたが」  何者をも寄せつけない実力と氷のように冷たい性格から氷の刃と恐れられるユーリだが、彼だけは赤い妖精と蔑まれるブリジットに真っ向から向き合う。やがてその巡り合わせは、落ちていくしかなかったブリジットの未来を変えていくきっかけになり――。 「……まったく、無駄に心配させられた」 「……心配、してくださったんですの?」 そんな中、彼女が契約した最弱精霊にも覚醒の兆しが見え始め……?
   続刊については「続きを読む」にて。

 蔵書録: 目次
 は行の作家さん


Amazonより 2巻  「わ、わたくし、心配されるほど……弱っちく、ありませんわ」 「そうだな。だからこれは、ただ僕が心配性なだけだ」  公爵令息ユーリとの出逢いによって、孤立していた学院生活が徐々に変わり始めた令嬢ブリジット。 初めはいがみ合う仲だったが、氷の刃と恐れられ一目置かれてきたユーリのいろんな表情を見るたびに、次第に惹かれていくブリジット。それは彼も一緒なようで……。 「君とやり直したいと思っているんだ」  そんな中、婚約相手だった第三王子ジョセフからの復縁の申し出で事態は一変する。 「……良かったんじゃないか。もともと好きな相手だったんだろう」 「よ――良く、ありません」  縮まったはずのユーリとの関係に少しずつひずみが生まれる中、ブリジットが契約した精霊の正体まで明らかになって――!?

Amazonより 2023年8月追加 3巻  「お前を許してやる、本邸に帰ってこい」  契約精霊が伝説級の精霊フェニックスだと判明し、父デアーグにそう告げられた令嬢ブリジット。建国祭に向けて浮き足立つ王都中とは対照的に、ひとり悩むブリジットだが公爵令息ユーリとの距離は今まで以上に縮んでいき……。 「はぐれ者同士……僕と行かないか、ダンスパーティー」 「そ、そこまで言うならご一緒しても、よろしくてよ」  義弟ロゼとの邂逅や母アーシャの失踪ーーそして精霊博士になる夢。怒涛の日々を過ごす中、いつもブリジットの傍にいてくれたのは冷たく人を寄せ付けない、氷の刃と恐れられるユーリだった。 「ブリジットは、僕の婚約者ですから」 (婚約者? ユーリ様が、私の……) 待ちに待った建国祭当日、メイデル家の秘密が判明して……?

最終更新日 : 2023-08-13

Comment







管理者にだけ表示を許可