fc2ブログ

樟乃坂 Kusunosaka

 毎日ふと疑問に感じること等を、気ままに書き垂れ中!  ほぼ毎日更新! コメント欄にご自身のブログURLを入れると、禁止ワードにひっかかります。ごめんなさい。

Top Page › 想い出 Reading › 「どうも、噂の悪女でございます」
2023-06-05 (Mon) 10:00

「どうも、噂の悪女でございます」

 作者:三沢ケイ
 巻数:既刊 2巻
 購入した時期:2023年5月
 きっかけ:他の作品が読みやすかったので作者さん買い。

★どうも、噂の悪女でございます 聖女の力は差し上げるので、私はお暇頂戴します

Amazonより  「お前のような悪女とは婚約を破棄する!」――聖女でありながら突然糾弾され、王太子から婚約破棄を告げられたマリーアンジュ。さらに聖女の力も王太子の恋人である男爵令嬢に奪われてしまう。しかし、それは王太子と新聖女、2人にとって破滅への始まりで・・・。「聖女の力は他人に譲れるが、あくまでも一時的なものに過ぎない」。それを知っているマリーアンジュは、束の間訪れた休息に公爵令息のダレンや友人たちと自由な生活を満喫する。一方、歯車が狂っていった王太子はマリーアンジュに助けを求めるも、彼女はただ微笑むだけで・・・。
 続刊については「続きを読む」にて。

 蔵書録: 目次
 ま行の作家さん


Amazonより 2023年11月追加 2巻
 「祝福」の力をもつ聖女マリーアンジュ。束の間の休息ののち、聖女としての力を取り戻し、王太子となったダレンとの婚約生活も順調な毎日。そんな彼女のもとに、ある日隣国ユリシーズから回復の聖女がやってくる。隣国には様々な力をもつ聖女がいるという話を聞き、興味をもったマリーアンジュはダレンと外遊に向かうが、ユリシーズの王太子がマリーアンジュに興味を示す。マリーアンジュを強引に妃にしようとするだけでなく、祖国をも属国として手に入れようと手段を選ばない王太子。そんな彼に、マリーアンジュは微笑みながら“ある贈りもの”をして・・・。

最終更新日 : 2023-11-12

Comment







管理者にだけ表示を許可