fc2ブログ

樟乃坂 Kusunosaka

 毎日ふと疑問に感じること等を、気ままに書き垂れ中!  ほぼ毎日更新! コメント欄にご自身のブログURLを入れると、禁止ワードにひっかかります。ごめんなさい。

Top Page › 想い出 Reading › 「悪食令嬢と狂血公爵」
2022-01-23 (Sun) 10:00

「悪食令嬢と狂血公爵」

 作者:星彼方
 巻数:既刊 3巻
 購入した時期:2021年11月
 きっかけ:コミカライズが面白かったので。

☆悪食令嬢と狂血公爵 ~その魔物、私が美味しくいただきます!~

 面白かったっ! というか、やっぱり続き物だったっ><。
 魔物の食べ方とか、なんでそうなったのかとか、周囲の人の気持ちとか、そういうのがコミカライズよりより細かく出てて(当たり前だけど)、一気に読んじゃいました。



Amazonより
 伯爵令嬢メルフィエラには、異名があった。毒ともなり得る魔獣を食べようと研究する変人――悪食令嬢。遊宴会に参加するも、突如乱入してきた魔獣に襲われるメルフィエラを助けたのは魔獣の血を浴びながら不敵に笑うガルブレイス公爵――人呼んで、狂血公爵。血にまみれた姿を意に介さないどころか魔獣の血は身体に悪いと自らを案じるメルフィエラに興味を持ち、公爵は尋ねる。

「魔獣に詳しいのか?」
「私は魔獣というよりは、食物に興味があるのです」
「食物、だと? お前にはこの魔獣が食物に見えるというのか」
「はい、もちろんです。食べるからには美味しくいただきたいですから!」
「なるほど、悪食令嬢とは言いえて妙だが、やはり噂は当てにならぬものだ」

 メルフィエラの趣味に興味を持ったガルブレイス公爵は思わぬことを言い出して――!

 続刊については「続きを読む」にて。

 蔵書録: 目次
 は行の作家さん




Amazonより
 正式に婚約者となった二人は、ガルブレイス公爵領へと空の旅――道中で魔鳥の大群に襲われたりはしたが――を楽しみながらガルブレイス領の中心都市ミッドレーグへと到着する。そこでメルフィエラを待っていたのは、魔物と戦う最前線の人々にふさわしい荒々しくも温かい歓迎だった。なれない場所でも奮闘するメルフィだが、魔鳥に襲われていた『天狼』の赤ん坊をアリスティードが保護したことから大騒動が巻き起こり――!




Amazonより 2023年4月追加 3巻
 ガルブレイス領での生活にも馴染んできたメルフィエラが、ついに魔物討伐にも参加することに! 
その理由は――母と食べた想い出のある百足蟹(ルビ:ひゃくそくがに)の討伐が行われると知ったから。一方、ガルブレイス領の根幹を為す、各地域の砦長(ルビ:とりでちょう)たちは主の婚約者に興味津々。母との想い出の味をロジェとともに味わいたい――そして獲れたてを、釜茹でに……!

最終更新日 : 2023-04-29

Comment







管理者にだけ表示を許可